読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とほほの退職記

40オーバーの著者がこれから社会の荒波にもまれます。

2017年4月25日(火)方向転換

昨日メールで面接辞退のメールを送る。

反応が無かったので、電話してみるとつっけんどうなご返事。

なんでわざわざかけてきたの?という雰囲気でしたので、どうやらルール的には電話はしなくてもよいらしい。

もう1社は辞退のメールを送ってから返事が無かったが、電話連絡は控える。

内定をいただいた会社にも辞退の連絡を行う。給与面は下がるがやりたいことではある。しかし社風が合わない気がしたので、ここもこれ以上待ってもらうのも悪いので辞退をさせていただく。さっきのこともあったのでとりあえずメールだけにしておく。

 

これで面接を一つ残し、内定を1社残した状態。

この状態で再度、妥協に満ちたシステム屋さん探しではなく、もう少し間口を広げて再度検討を与えてみる。明日は転職サイトも増やして、ハローワークにでも行って近所のソフト開発会社も探してみよう。

これまでの活動で感じたのだが、収入を問わなければもう少しやりがいがありそうな職場を見つけられるかもしれない。

もう少し猶予もありそうなので、あと1週間程度はちょっと頑張ってみて、その上で内定の会社に行くかを決めてみようではないか。

 

という事で、再度期間を決めてチャレンジすることにする。

 

てなわけでとほほの退職記も以上で終了します。

まだ就職が決まっていませんが、再就職というものがどういうものか理解できたことと、少し方向転換することにしましたので、一旦終了といたします。

 

このブログの動向がこれから転職活動を行う方々の一助になればと思っています。

 

2017年4月24日(月)内定をすべてご破算に

内定または最終面接企業の中で最も賃金が安い。

将来性も感じられない。

しかし、腕は試せそう。

 

引く手あまたのIT企業に行こうと思っていたのだが、この小さなソフトハウスは、獲得もノウハウもあまりなさそうで、果たして自分がお役立てできるのかもわからない。

でも厳しそうな条件だからこそ、自分自身が発奮して、何とか数字を良くしていこうと考えるのではないかと思いとりあえず保留にしておく。

 

奥さんは最終面接のところが一番スキルとあっているので、たぶん給与面も良いのではないかという話だったが、まだまだ苦労を掛けてしまいそうである。

その前に面接が受かるかどうかが分からないが。

 

ひとまず1年は退職金と諸般の手当で食いつなげそうなので心配はしていないのだが、その後をどうするかが目下の大問題といえる。

2年は働けないかもしれない。

まあ1年の猶予期間も良いかもしれない。

2年で小さなソフトハウスも、少しは大きく出来ればそれなりにやりがいもあるだろう。なんてのは甘い考えなのだろうか?

 

とりあえずいったん保留。

もう少し考えてみよう。

 

2017年4月23日(日)無職のくせに山に行こう

はい。無職ですけど何か?

f:id:kikawazatta:20170114035048j:plain

今日は晴れたのでどこに行こうか相談。

娘:カラオケ→却下

私:山登り→却下

息子:虫を捕まえる→採用

 

ということで結局山に行くことに。

愛知県は結構山が多いので、市内からでもそんなに苦労なく山にお目見えすることができる。車中に就職活動の話をしながら、今年は貧乏だぞうなんてことを言いながら、小一時間で到着。

 

人はまばら。でも結構暑い。

半袖でも行けそうである。

とりあえずと道すがら虫を探すがまだあんまり見かけない。

この前スコップで掘ってみると蝉の幼虫が出てきて悪いことをしたので、今回は散策だけにする。

つと川に目をやると魚はいる。という事で急きょ魚釣りに変更し、まだつめいたい春の川に入り魚とり。稚魚を中心に9匹をゲットして、子どもたちはまあまあ満足。

 

途中でトカゲを捕まえて、息子も撫でて遊んだりして、まあまあ楽しかった。

お金が無くても楽しむことはできるなあ、なんて賢人のようなことを考えながら、道の駅でご飯を食べて、普通の休日を終了する。

内定いただいた会社はどちらも100万以上の給与減という、死にかねない状況。

しかし転職は将来に向け、自立した力を身に着けようと思ったからなので、今は無くても将来にあればいいかと考え直す。

 

「まあ、深く考えないのが長所でも短所でもあるしなあ」

と一人つぶやきながら、転職先を考えてみる。

慌てなくてももう少し行きたいと思う会社が出てくるかもしれない。

それよりも行きたいと思わない会社の面接を受けることが時間の無駄ではないだろうか?

明日、再度応募企業のシェイプをしていこう。行く気もないのに面接を受けられては相手にも迷惑だろう。

2017年4月22日(土)内定2社目

昨日にご連絡をいただき入社条件等を説明したいので来てくださいとおっしゃっていただき、出社。2社目の内定をいただく。

通算で行くと5社回って2社内定。

2社はひどい仕打ち。1社は最終面接を来週に控える。

さすがは売り手市場のシステム関連だが、結局年収を大きく割る形となってしまった。

生活が危ないので、とりあえずどちらに決めてもしばらく生活は切り詰めなければならない。

 

で、とりあえず2社は内定をいただけたので来週早々今面接予定の3社のお断りを出す必要が出てきた、憂鬱なのは最終面接の会社。ここはやりたいこととは違ったが、なかなか雰囲気の良い会社だったので、最終面接には行きたかった。

内定をいただけたところは2社ともやりたい所だが、給与面が相当に厳しい。

まあお金は下がるのを覚悟しての転職だったとは言え、副業でも持たないくらいの低賃金なので、とりあえずやれるところまでは頑張ることにする。

 

当初見込んでいた2か月よりも時間を短くして、思ったよりも転職活動も時間がかからなかったようだ。給与面で妥協したのが大きいのだが、まあ久しぶりの転職活動だったのでトータル楽しかった。

 

システム関連というのは本当に多岐に亘っている様子で、よくわかったのが専門職だけに、採用企業がIT関連だったら話は進むのだが、普通の会社のSEというような仕事だと、システムの話はさせてくれないので、自分のような2年キャリア程度の人間なら何もできないのではないかと思われてしまうようだ。

とは言え、他のキャリアを取っ払って話をされてしまうので、正直彼らは何を見て採用を決めているのだろうかと、逆に心配になってしまった。

 

さてこれから嫁と相談である。。。

 

2017年4月21日(金)再就職手当

今日は朝からプログラムの学習にいそしむ。

初めて知ったんですけどよくある画像のボタンって、属性をimageにして作ると厄介なんですね。今まで社内業務システムばかりだったのでほとんどがsubmitかbutton属性だったので気にもしたことなかったんですけど、4時間くらい詰まってしまいました。

f:id:kikawazatta:20170402225910j:plain

 

と、プログラムをする人以外は何の話やねんから入った今日は再就職手当について調べてみたので書いていきます。

このお題については山ほど詳しい記事があるのでお題に困らないなあと思っていたので、ちょっと時間がある今日書くことにします。

 

再就職手当とは何ぞや?

名前の通りです。再就職の手当です。

うわあ不親切。

という声もあろうかと思いますのでもう少し書くと、

雇用保険受給資格者のみなさまが基本手当の受給資格の決定を受けた後に早期に安定した職業に就き、または事業を開始した場合に支給することにより、より早期の再就職を促進するための制度」

と手前にあるピンクの小冊子に書いていました。

因みにかっこ内の文字の入力が1分弱。さすが昔速記の副業をやっていただけのことはある。(どうでもいいですね)

 

要は「雇用保険受給が始まると、君ら働かないことない?」という事で、「じゃあ早く就職決めたらまとめてお金をあげるから、ひとまず就職活動くらいしなさいよ」という手当らしい。聞こえは良さげだが、働かない人からすれば働かない期間が重要なので、むしろ、勤労奉仕期間を設けるとか、とりあえず何かして働かなければいけない仕組みを考えるほうが良い気はするのだが、まあそれはおいておいて、とりあえず早くに就職するとお金がもらえるという仕組みらしい。

でもいろいろ決まりがあるそうでそこから「んっ」てものだけ。

詳しくはこのブログ書くときに参考にした下のを見てください。

tamotopi.com

 

んっ?その1:待機満了日後の就職であること

待機満了日ってなあに?だと思います。

私もいまだに意味が分かりません。

まず待機日って言うのがあります。

分かりやすく言うと離職票が来るとすぐにハローワークにハローって言いに行くと思いますが、この日が要は「わて無職でんねん」と申告しに行く日です。

で、申告したら「ほんまに無職でっか?」とハローワークはハロハロを飲みながら調べます。この期間が待機日です。

待機日は7日あり、それが終わって翌日からは晴れて国がプー太郎だと認めてくれます。屈辱の7日間ですね。

要はこの期間中に就職しちゃったら(物理的にほぼほぼ無理ですけど)上げないよ、という事らしい。

でもなんか変じゃないですか?

離職票をもらいその後何かがあってハローワークにいけなかったりしても、それでもハローワークに来てから1週間調べるそうです。つまり認定は実際の退職日ではなく離職票が届いてハローワークに行った日という事になるわけです。離職票到着期間中はプー太郎ではないという判断みたいです。「んっ?」でしょう?

そんなことするから「じゃあ、離職票が来るまでに再就職したら手当がもらえないからやーめた」ってなってしまわないですかね?

 

んっその2:自己都合退職などで給付制限がある場合には、待機満了後の1ヶ月については、ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介業者の紹介による就職であること

これは私も当てはまってしまう。待機満了してから1か月以内にハローワーク以外の就職が決まっちゃったらダメよんとおっしゃる。

なにそれ?

早期就職するために頑張ってもお金は上げないよっていうこと?

でもよく読むと職業紹介業者の紹介とある。

「じゃあいいじゃん。俺マイナビ使っているし」みたいに思われるかもしれませんが、でも仮に就職が決まって、「俺マイナビ使っているし」ってどう証明しますって話なんです。

これはハローワークでも詳しく説明しをしてもらえる。私も意味が分からず聞き直しをすると「転職サイトも大丈夫です」とはっきりおっしゃっていたのだが、これはどうやら嘘っぽい。

 

『中には転職サイトを使って就職したのに、証明書を発行してもらえなくて再就職手当が受給できなかった方もいるようですので、証明書を発行してもらえるかどうかを確認しておく必要があります。』

というのが先ほど上でも紹介したサイトの答えらしい。

 

実際はWEBページ上で、発行しませんと書いてある転職サイトもあって、大手だからとか、有名だからとかは関係ないらしい。

ハローワークのニュアンスだと、ほとんどの転職サイトで大丈夫的な話しぶりでしたが、彼らも支給しないようにすると何か手当でももらえるのですかね?

私の場合はどこを使っているか言ってから支給されるか聞いたのですが、認可されている業者なら大丈夫という話でした。でもそのサイトは発行しませんとはっきり書いてある。録音しとけばよかった。

 

ちょっと長くなったので、そろそろ結論を書くのだが、この制度は利用すべきだと思います。実際に離職・退職はお金の不安が付きまといます。

でもそのことで結局次のステップに移ることに躊躇しなければいけない。

私自身は終身雇用が生むものは後退しかないという考えなので、もっと自由に離職・退職ができることが、この先の日本にとっても大事だと思うわけで、より拡充した制度にしてもらえたらうれしいなあと思います。

 

何この結論。

 

 

2017年4月20日(木)内定

内定をもらう。

4月1日開始で20日でやっと一つ。

回った会社が5つ。

こんなもんなんですかね?

 

取り合えず保留。

今やりたいこととは少し違う気がしたからである。

とは言え人生折り返してしまっているので、背に腹も変えられない。

 

という事ではあるが少し余裕が出てきた感じはする。

多分派遣型のIT企業ならもっと簡単に合格が出るのだろうが、どうなんだろうか。

 

再度ほかの面接にも向かう。

こちらも以前面接させていただいた所で、提示いただいた給与がちょっと厳しめの所ですがやりたいこととはあっているような気がするが、会社の台所事情もやや気になる。

昔、前職の新規事業にかかわった経験があるのだが、その経験を思い出してしまう。

無いなら作って売ればいいという、逞しい風土の会社だったので、そういうマイナス面はあまり気にしないのは良いことなのか悪いことなのかはわからないが、やりたいことをやることも人生では大切な気がする。

 

先立つものは後でついてくるかもしれない。頑張っていれば、なんて古い青春ドラマのようなセリフが思い浮かぶ。

さて、どうしようか・・・。

 

 

2017年4月19日(水)求職活動で初めてへこむ

今日は比較的働きたいなあと思っている会社の面接。

しかし昨日の面接でトラブルがあり、正直疲れが抜けていない。

しかも寝不足(これは自分のせい)。

万全ではないが気負ってみる。

 

で面接朝早く出て気負うが結果は惨敗。

自分でもしどろもどろな感じのトークで、営業の時だったら恥ずかしくて課員に顔向けできないレベル。

案の定話を途中で切られる始末。

早い段階でもう帰ればムードが漂う。

これがかの有名な来てもらっただけ状態という奴だろうか?

 

でも思い返してみれば自分も同じように採用で来ていただいた人に、途中で「ああ、この子はあんまりかなあ」と思って、話半分に聞いていたりしたことがあったっけ?と思い返す。自分の場合はバイトだったのであれなのだが、まあ同じようなものかもしれない。

それにしても会社説明も、自分の職歴もスキル説明もほとんどさせてもらえず。

要は社内SEは技術を知る人の面接ではないので、必然的にこんな感じになってしまうのかもしれない。まあしょうがないか。

 

でも良い会社っぽかったのでへこんでしまった。

まあこの年になるとあんまり経験できなかったことなので、成長の一旦という事で。