とほほの退職記

40オーバーの著者がこれから社会の荒波にもまれます。