とほほの退職記

40オーバーの著者がこれから社会の荒波にもまれます。

2017年4月2日(日)ルールを決める

f:id:kikawazatta:20170402225910j:plain

無職生活二日目。

僕は退職をしてから今日まであるルールをもって行動することにしています。

 

①とにかく一日一日何かの成果を持てるような行動をする。

②やるべきことは一生懸命やるが休みは必ず取る。

 

①についてはひとまず有休消化中は一番凄い日で朝8時から朝の3時までプログラムを書いたりして過ごしていました。

何のためにって、次の仕事もプログラムを書く仕事に就きたいからです。

経験2年というひよっこで、且つプログラマの限界45歳説を覆してやろうと思っているからです。

 

②については日曜日を家族と過ごすデーにして、とにかく夜までの時間は休みという事にしています。

つまり今からまたプログラム書きです。

 

リアルに感じるのは今日は日曜日で、ルール上のお休みですが、今日一日休むことで、僕は数万円のお金を失っているのだという事です。

 

要は今までは固定給があったので、日給にして数万円のお金を得ていたのだが、無職とはこれを一切失うということ。

「当たり前じゃん。だからみんな会社辞めないんじゃん」

 

その通りですね。だからみんな辞めないのです。

でも辞めちゃった。

 

なのでこんなことを思ったりするわけです。

「よし。じゃあ後で一日数万円を取り返せるよう日々を過ごしていこう」

言い換えれば先行投資です。

儲かる部分に先にお金をつぎ込んで、形になったらそれを回収し、補てんする。

会社員時代に新規事業に立ち会った時に思った考え方です。

自分へ先行投資したと思えば、一日数万円くらいは安い安い。

 

って、思えるまでにはもう少しかかりそうなので、ひとまず明日は職安に行こうと思います。