とほほの退職記

40オーバーの著者がこれから社会の荒波にもまれます。

2017年4月3日(月) 国民健康保険について

今日は朝8時起床。

昨日は1時半くらいまで起きていたので、6.5時間寝ていることになる。

会社員時代より良く寝ているのはどういうわけだろう。。。。

 

f:id:kikawazatta:20170403233420j:plain

 

今日は職安に行こうと思っていたのだが、朝パソコンで転職サイトを調べていると、軒並み書類選考アウトのご連絡。

まあ、こんなもんですかね。15支社ほど申し込んで、2社しか残っていないとはなかなかの物です。

 

で、ついでにと、退職後の書類を確認しようと国民健康保険について再度調べる。

健康保険はそもそも任意保険を継続しようと思っていたので、あまりちゃんと調べていなかったので、実際はどれくらいの費用が掛かるのだろうと検索。

 

ちなみにではあるが、国民健康保険は所得割・資産割・均等割・平等割なるものがそれぞれあって、各市区町村ごとに異なる金額設定になっている。

 

自治体のホームページなんかに計算ができるフォーマットがあったりするので、そういったものを利用して先にどれだけの金額がかかるのかを調べておいたほうがよかったのだが、変な思い込みがあって、きっと国のやることのほうが高いだろうと思っていたので今日まで何も調べずにいたのである。

 

で、とりあえず一番下にあるリンク先で調べてみる。

自分の場合は年収が480万くらいで扶養は奥様のほうに全部乗っかる形になったので無し。という事で算出すると、年間27万くらい。

あれ?安いね。

 

こんなに安いんならひょっとして任意継続と変わらないのでは?

保険料は会社折半だったとしても、明細上は1万5~6千円くらいだったから、、、

 

・・・・あれ?

任意継続高くね?

 

ということでさっそく健康保険組合に電話。HowMuch?(古っ)

 

「ひと月3万3千何某でございます」

 

えっ?マジで。

 

という事で明日以降に役所に行って聞いてみようと決意する次第でした。

いやあ、思い込みって怖いね。

 

■■■■お役立ちツール!国民健康保険料自動計算器■■■■

www.kokuho-keisan.com

※上記リンクは国民健康保険料を自動計算してくれる優れものです。ただ本当にあっているかどうかは各自治体に確認をしましょう。